スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<民主代表選>菅氏「月内に新成長戦略」(毎日新聞)

 菅直人副総理兼財務相(63)は3日、民主党代表選への立候補を正式表明した記者会見で、「この8カ月余り鳩山由紀夫首相を先頭に進めてきた経済、財政、社会保障改革を本格的に推し進める」と強調した。昨年衆院選で示された政権交代への期待を踏まえて「この20年の閉塞(へいそく)状態を打ち破る政策を遂行する」と述べ、新成長戦略と財政運営戦略を6月中にまとめる考えを改めて示した。

 菅氏は、首相が辞任の理由に挙げた米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題と「政治とカネ」の問題のかげに隠れ、「成長戦略や財政運営戦略、地方主権改革など既にスタートを切っている多くの改革が十分に国民に伝えきれなかった」と指摘。「二つの重荷を首相が辞めることで取り除いていただいた」として、菅氏が財務相として進めてきた財政、経済、社会保障改革に最優先に取り組む姿勢を強調した。

 具体的には、記者会見の際配布した立候補声明の中で「新成長戦略と財政運営戦略を6月中にまとめあげ、強い経済、強い財政、強い社会保障を一体的に実現する」と表明。会見で、20年間経済低迷や財政悪化、社会保障の不安定化が進行した理由として「それぞれをバラバラに考えていたからであり、一体として充実させることが可能だ」と述べた。

 菅氏は1月に財務相に就任して以来、増税に前向きな発言を繰り返し、財政健全化を目指す姿勢を打ち出してきた。2月には、首相が在任中の引き上げを否定していた消費税について、政府税制調査会で議論を始めると表明。3月には「財政健全化法」の国会提出を検討する意向を示した。

 菅氏がこうした発言を繰り返してきたのは、日本の財政状況が主要先進国の中では最悪との危機感があるからだ。10年度末には国と地方の長期債務残高が国内総生産(GDP)の1・8倍に達する見通しで、菅氏は「債務残高を競う五輪なら、日本は断トツの金メダル」と公言してきた。

 ただ、菅氏は「増税しても使い道を間違わなければ(お金が循環して)景気が良くなる」と述べるなど、単なる財政再建論者ではない。国家戦略担当相として昨年末にまとめた「新成長戦略」の基本方針では、医療・介護などの分野を成長産業と位置づけ、20年度までに日本経済全体の平均で名目3%、実質2%の経済成長を目指す目標を掲げた。

 外交問題では記者会見で「日本外交の基軸が日米関係との大原則はその通りだと思っている。同時にアジアの中で最も日本との関連が深い中国との関係も同様に重要視していく」と語った。

 普天間問題に関しては声明で「沖縄の人々の負担軽減や安全保障をめぐる日米の信頼関係の維持など極めて難しい問題だ」と指摘。「日米合意を踏まえつつこれからも沖縄の負担軽減という目標に向かって大きな息の長い努力が必要だ」との考えを示した。

 一方、樽床伸二衆院議員(50)もこの日の記者会見で主要政策を明らかにした。衆院定数80削減を「代表に就任したら最初に取り組む」と明言。「社会保障分野と消費税の連携がどうしても必要だ」と述べ、年金、医療、介護分野の抜本的な制度改革案を提示し、次期衆院選で消費税増税を争点とする考えを示した。普天間問題では「鳩山首相が首相の座を降りるという大きな代償を払って合意した内容は守らなければならない」と述べ、日米共同声明を着実に履行する考えを示した。【上野央絵、谷川貴史】

【関連ニュース】
民主代表選:菅氏を岡田・前田氏が支持 樽床氏と一騎打ち
民主代表選:菅氏、3日夕に出馬会見 樽床氏も立候補へ
民主代表選:4日にも新内閣誕生 菅氏有力、枝野氏ら支持
民主代表選:菅氏つかず離れず 小沢氏と連携慎重
民主代表選:菅副総理が出馬の意向示す

マンションオーナーを緊縛300万引き出す 中国人を強盗致傷で逮捕(産経新聞)
謝礼金少なく発覚 事故の身代わり仕立てた男ら送検(産経新聞)
国会情勢で意見交換=協議は継続―鳩山・小沢会談(時事通信)
組閣・人事「じっくり考えたい」=慎重に言葉選び会見―菅新首相(時事通信)
リンゴかじり「帰ってきたよ」=無事帰還の野口さん、手を振り(時事通信)
スポンサーサイト

参院選、新党改革を支援=鳩山邦氏(時事通信)

 鳩山邦夫元総務相(無所属)は26日、長男の太郎氏が新党改革の参院選比例代表候補に公認されたことに関し、都内で記者団に「日本のトップリーダーにふさわしいのは舛添(要一新党改革代表)さんと言い続けてきた。当然応援をしたい」と述べ、参院選で同党を支援する考えを示した。自身の入党に関しては「今は全くない」と語った。 

【関連ニュース】
参院選2次公認発表=新党改革
片山元総務相らの擁立発表=たちあがれ日本
野田聖子氏らがグループ結成へ=派閥横断の中堅7人
放送法改正案を強行可決=審議会の機能拡大は削除
出先機関持つ省も参加を=地域主権会議で要請

「辺野古」削除応じられぬ=首相発言も選択肢―官房長官(時事通信)
北朝鮮関係船舶の検査可能に=貨物検査特措法が成立(時事通信)
<武蔵村山市長選>元市企画財政部長の藤野氏が初当選 東京(毎日新聞)
院生1423人分の情報紛失 関西大、教授がUSBごと(産経新聞)
内田裕也、蓮舫氏にバラの花束…仕分けまた見学(スポーツ報知)

<小惑星探査機>「はやぶさ」地球撮影 6月帰還、故郷目前(毎日新聞)

 久しぶりに見えた故郷は、まばゆいほど明るかった--。人類初となる小惑星の岩石採取に挑み、6月の地球帰還を目指す小惑星探査機「はやぶさ」が、地球の撮影に成功した。宇宙航空研究開発機構(JAXA)が17日、公表した。地球の左側には月も写る。ともに非常に明るいために上下に光の帯が生じたが、故郷が目前に迫った証拠といえる。

 星の位置から探査機の位置を確認するカメラを使い、地球帰還に向けた軌道修正後の12日に撮影した。地球からの距離は約1350万キロの地点で、地球の明るさはマイナス8.3等、月はマイナス4.6等だった。

 はやぶさは時速約1万8000キロで地球へ向かっている。計画では6月13日に大気圏に突入し、岩石が入っている可能性があるカプセルはオーストラリアの砂漠に落下する。

 プロジェクトを率いてきた川口淳一郎JAXA教授は「やっと地球が見えた。我々だけでなく、おそらくはやぶさにとっても非常にうれしい画像だ。いよいよ帰還が近づいた」と話す。【永山悦子】

【関連ニュース】
はやぶさ:6月13日帰還 7年間45億キロの旅終え
小惑星探査機はやぶさ:地球帰還が確実に 軌道に到達
小惑星探査機:はやぶさ、6月13日地球帰還 岩石採取?「カプセル」無事回収なるか
ニュース交差点:科学 はやぶさ、6月13日帰還へ
082 「はやぶさ」物語(その3)

<口蹄疫>「全頭処分」も検討 平野官房長官(毎日新聞)
安保理対応なら韓国支持 哨戒艦沈没で官房長官(産経新聞)
対北制裁強化を=自民(時事通信)
<将棋>「勢いの3連覇」から14年 羽生、円熟の栄冠(毎日新聞)
「政府・県に一定の問題ある」=口蹄疫被害拡大で首相(時事通信)

<機関紙投函裁判>控訴審も有罪支持 元厚労省職員に対して(毎日新聞)

 共産党機関紙を配布したとして国家公務員法違反(政治的行為の制限)に問われた元厚生労働省社会統計課課長補佐、宇治橋(うじばし)真一被告(62)の控訴審判決で、東京高裁は13日、罰金10万円とした1審・東京地裁判決(08年9月)を支持し弁護側の控訴を棄却した。弁護側は上告する方針。

 同様の事件では、東京高裁(中山隆夫裁判長)が今年3月、旧社会保険庁職員に逆転無罪を言い渡していた。宇治橋被告の弁護側も「国公法の規定は表現の自由に対する行き過ぎた制約で憲法違反」と無罪を主張していたが、高裁の判断が分かれる形となった。

 1審判決によると、宇治橋被告は05年9月10日、東京都世田谷区の警視庁官舎の郵便受けに「しんぶん赤旗」の号外を投函(とうかん)し、政治的行為をした。【伊藤直孝】

【関連ニュース】
臓器移植:虐待疑いの児童から摘出禁止 厚労省が運用指針
抗がん剤:セツキシマブ投与で2人死亡 副作用か…厚労省
厚労省独法:12道県で不適切会計 地方業務委託巡り
受動喫煙:防止に事務所や工場を原則禁煙に…厚労省検討会
iPS細胞:臨床研究で使用可能に 厚労省専門委が指針案

日本一の大阪ブドウ復活を 駒ケ谷地区再生へ熱い思い(産経新聞)
五木寛之「親鸞」上巻をネット無料公開 (産経新聞)
徳之島3町長、受け入れ拒否確認…首相と会談へ(読売新聞)
電気自動車など 電子音を出す車の体験会を開催 東京(毎日新聞)
急性期病院の特定療養費、都道府県で最大2.5倍の開き(医療介護CBニュース)

普天間移設 鳩山首相が協力要請、徳田氏「無理」(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は28日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を巡り、東京都内で鹿児島県徳之島出身で同島を選挙区とした旧自由連合代表の徳田虎雄元衆院議員と約1時間会談した。首相は、政府が検討しているヘリコプター部隊の徳之島移設について、同島に影響力を持つ徳田氏に協力を要請したが、徳田氏は「(基地移設は)無理だ」と述べ、実現は困難との考えを示した。

【今さら聞けない 図説でおさらい】どうして普天間問題がこじれているのか

 会談には次男で自民党衆院議員の毅氏(鹿児島2区)も同席。毅氏はこの後、首相官邸で平野博文官房長官と面会する見通し。平野氏は28日午前の記者会見で、徳之島を自ら訪問する可能性について「島民の反対集会が起き、迷惑をかけたことを含め、どういう心情で反対されたかを聞かせてほしい」と述べ、改めて意欲を示した。【坂口裕彦、横田愛】

【関連ニュース】
【空からみた写真特集】移転先候補となった徳之島はどんな島か
【写真特集】現状の普天間基地はなぜ問題か 写真でみる
【首相の一問一答のことばを読む】普天間「覚悟を決めて臨んでる話」4月15日

新たに183人提訴=建設石綿被害訴訟-東京、横浜地裁(時事通信)
<臨時交付金>電線地中化などは1割 大半が従来型事業に(毎日新聞)
「中国人を送り込んだりできるんだぞ」女子大生を脅迫、容疑の男逮捕(産経新聞)
舛添氏離党の引き金「幹事長の答えがなかった」(産経新聞)
「実現できるのか」米大統領発言、首相が否定(読売新聞)
プロフィール

ミスターひろしいけだ

Author:ミスターひろしいけだ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。