スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車両接近通報装置、課題解決はメーカーに(レスポンス)

国土交通省自動車安全局は29日、静かすぎるハイブリッド車や電気自動車(HV/EV)に音を発生させる「車両接近通報装置」の取付ガイドラインを策定した。ガイドラインの要件を満たした装置を、任意で取り付けられるようにして普及を急ぐためだ。

[関連写真]

乗用車の新車販売台数に占めるHVの割合は05年に1.8%(約6万台)に過ぎなかったが、09年(1 - 11月)には15.6%(約30万台)と急速に拡大している。

そのため基準作りを担当する同局技術企画課は、法令に耐えうるルール作りよりガイドラインで製品化を急いだ。しかし、人為的に音を発生させ、コントロールすることは、思ったより困難を極めた。

例えば、音量である。音を上げすぎると騒音になるが、小さすぎると歩行者を気付かせることはできない。音を人為的に発生させることは、携帯電話の着メロを付けるようにはいかないのだ。

ハイブリッド車等の静音性に関する対策検討委員会(委員長・鎌田実東大教授)がまとめた報告書によると、HV/EVの走行騒音は約20km/hでガソリン・ディーゼルエンジン車と同等になる。ガイドラインはそれを根拠として暫定的な目安としたが、低速トルクを重視するトラックと乗用車では発生する音のレベルがまったく違う。具体的に規制値を打ち出すには、さらなるデータの積み上げと検討の時間が必要だ。

「任意の装着をお願いすると、うるさすぎるとか、これでは気がつかないなど、装置の有効性に関わるユーザーの反応が出てくると思う」(技術安全企画課)

また、音質は、さらに規制が難しい。発生させる音が唐突では、自動車走行音であることが聞き手に伝わらない。そのためガイドラインは車両の走行が思い浮かばないような音を排除すると同時に、スピードに応じて音量や音程が変化して、車両の動きを認知しやすいような工夫も求めている。

結局のところは無難にガソリンやディーゼルエンジンを模倣した音になるようにも思えるが、どんな音質にするかは、作り手に任されているのが現状だ。

さらに、国交省側で環境整備が必要なこともある。規制値を決めても、その測定方法をどうするのか。マフラー騒音のように車両検査項目に加えるのかどうか。もし、そうなれば、音量が簡単に調べられる方法が必要だ。

ガイドラインに沿って製品ができれば、そこから議論ができる。むしろ、HV/EV車の静音性に関する対策はそこから始まるような気がする。

音量などの具体的な数値は、今春の公表を目指して検討が続けられているが、車両接近通報装置を義務づける日程は未定だ。

《レスポンス 中島みなみ》

【関連記事】
車両接近通報装置、現行の登録車にも
HV/EVの接近通報装置ガイドラインを作成 国交省
【新聞ウォッチ】日産EVに「エンジン音」搭載へ
国土交通省 特別編集
ハイブリッドカー HV 特別編集

山崎拓氏らに参院公認見送り正式通知(産経新聞)
20km以上?引きずり死亡、運転の左官工逮捕(読売新聞)
<地震>宮崎、鹿児島で震度4=午後4時15分ごろ(毎日新聞)
消費支出、5カ月連続増=昨年12月の家計調査(時事通信)
篠山紀信氏を公然わいせつ容疑で書類送検(読売新聞)
スポンサーサイト

八王子夢街道駅伝 応援はハンカチふって エコ配慮(毎日新聞)

 東京都八王子市で2月7日に開かれる「スーパーアルプス第60回全関東八王子夢街道駅伝競走大会」(毎日新聞社など後援)で、大会実行委員会(会長・黒須隆一市長)は、沿道の観客用の応援グッズに布製ハンカチ「ふれふれハンカチ」を採用することを決めた。

 これまでは紙製小旗を配っていたが、大会後に大量のごみとなることから、環境問題に配慮し、記念品としても持ち帰れるハンカチを考案した。30センチ四方で、白地に青で大会ロゴと「WE LOVE HACHIOJI」のメッセージを印刷。実行委、そごう八王子店、毎日広告社多摩武蔵野支社が計5000枚を作製、大会当日に沿道などで無料で配布する。

 大会は公道を使用する駅伝としては国内最大規模。今回は過去最多の466チームが参加し、2月7日午前10時にJR八王子駅北口をスタートする。【河嶋浩司】

【関連ニュース】
ひと:白水昭興さん 実業団駅伝で初優勝の日清食品G監督
都道府県女子駅伝:岡山が初優勝 6連覇狙った京都は3位
箱根駅伝:今年も東洋大・柏原が異次元の走り見せる
選抜女子駅伝北九州大会:一般は天満屋、高校は興譲館がV
都道府県男子駅伝:兵庫3度目V 3連覇狙った長野は5位

今夜、2次補正衆院通過=来月の集中審議、党首討論で合意(時事通信)
「幼保一元化」法案、11年度提出へ=鳩山首相が参院予算委で表明(時事通信)
足利事件再審 菅家さんテープ 否認後再び「自白」、号泣(毎日新聞)
3人乗り漁船、北海道白糠沖で消息絶つ(読売新聞)
熊本の自宅立てこもり男を逮捕(産経新聞)

<詐欺容疑>近ツー元社員が7億円 大阪地検が逮捕状(毎日新聞)

 旅行業大手「近畿日本ツーリスト」(東京都)の旅行券積立商品への加入を装い、大阪市内の建設会社から契約金など約7億円をだまし取ったとして、大阪地検特捜部は詐欺容疑で、近ツー元社員、平井伸知容疑者(41)=大阪市=の逮捕状を取った。

 捜査関係者によると、平井容疑者は04年8月~08年11月、近ツーに勤務。旅行に備えて現金を積み立て、満期時に「サービス額」を上乗せした旅行券を受け取れる商品「旅したく」を巡り、建設会社に、満期時に年3.25%相当のサービス額を含め、すべて現金で払い戻すと虚偽説明。08年12月~09年1月、10回にわたり計約7億円を自分の金融機関口座に振り込ませ詐取した疑いが持たれている。

 平井容疑者は昨年11月、毎日新聞の取材に、契約書に偽造した印鑑を使用したことなどは認め、「(金の)大半を流用した。経営する旅行企画会社の事業資金などに使ったが、だまし取ったと言われるのは心外だ」と詐欺行為を否定していた。

 昨年2月、架空契約が発覚し、建設会社が大阪地検に告訴。同年9月、平井容疑者に約7億円の返還を求めて大阪地裁に提訴している。【久保聡】

【関連ニュース】
振り込め詐欺:日中混成グループが暗躍 警官名名乗り
振り込め詐欺:2グループ15人、未遂容疑で逮捕
振り込め詐欺:09年の被害、過去最少 それでも月8億円
消費者庁:新手の詐欺的商法で対策チーム 22日に初会合
偽証罪:元歯科医が起訴内容を否認 羽賀研二被告の事件

【社会部オンデマンド】東京湾第2海堡の黒煙の正体は?(産経新聞)
小沢氏、続投を表明=「職責を全う」(時事通信)
足利再審 録音テープ再生 メディア公開阻む「目的外使用禁止」(産経新聞)
遺体写真から目そらし涙、女性裁判員を解任(読売新聞)
昨年の自殺3万2753人=504人増、過去5番目の多さ-警察庁(時事通信)

小沢民主党幹事長の記者会見要旨<1>(読売新聞)

 ◇小沢民主党幹事長の23日の記者会見のやりとりは次の通り。

 ◆冒頭発言

 (午後)2時から6時半ごろまで事情の説明を行った。

 内容は深沢8丁目の土地購入に関係する資金の問題と、政治資金報告書の点についてだった。最終的に私が後援会の当時あった資金を、すべてそれに充ててしまうと、後援会の運営資金がなくなってしまうという状況で、私の個人的な資金を提供する、貸し付けするということになったということだ。

 この点でいろいろなお尋ねがあって、何も隠し立てすることではないので、記憶する限り、事実をそのまま包み隠さず話した。報告書の問題についてだが(平成)16年の売買が17年の売買のように報告されている問題について、私にそれを知っていたのかと。どういうことでそうなったのかというお尋ねだった。

 秘書の事務所兼不動産についての後援会に対しての原資の貸し付け、それを買うために原資を貸し付けたというのが事実のすべてだ。あとの具体的な事務については、その担当の者が行ったもので、私が実務的な点まで、立ち入って関与したことはない。

 特にこの問題については、私自身、きょうもすべて検察官の質問に素直にすべて答えたが、隠し立てする必要のないお金だし、その日付を翌年にしたからといって、政治家として何ら困ることもメリットもないわけだ。

 そういう意味で、私自身としては、このような経理の仕方がされたということなら、私自身はまったく私の立場からすればわからないというふうに答えた。そのほか、同じ問題についていろいろな角度から質問されたが、それに対して具体的に私が知っている限りのことを申し述べた。本日の事情の説明はそのことが大部分のテーマだったことを報告する。 

小沢幹事長 「与えられた職務に全力」 続投を改めて示す(毎日新聞)
警官OB、被害者装い振り込め「阻止力」調査(読売新聞)
<交通安全大会>年間スローガン 内閣総理大臣賞など表彰(毎日新聞)
6月上旬の日米首脳会談検討=普天間合意の場合(時事通信)
大わらじみこしが練り歩き=山形県高畠町〔地域〕(時事通信)

「闘って」首相改めて釈明…参院代表質問(読売新聞)

 菅財務相の財政演説に対する各党代表質問が20日午前、参院本会議でも始まった。

 鳩山首相は、小沢民主党幹事長の資金管理団体の土地取引を巡る事件で、小沢氏に「闘って下さい」と述べた問題について、「政権交代を成し遂げた同志であり、潔白の決意表明を了とした。検察への圧力の意図は全くない」と改めて釈明した。

 自らの偽装献金事件に関しては「私腹を肥やしたり、不正利得に手を染めたことはない」と述べ、そのうえで、「政権交代への国民の期待に応えることが私の使命だ」と強調した。

 自民党の尾辻秀久氏の質問に答えた。

 尾辻氏は偽装献金事件に関して、「天に恥じるところがあるなら即刻辞職すべきだ」と述べ、事件を「決着済み」とする首相の責任をただした。

 20日は引き続き、民主党の藤原正司氏、公明党の松あきら氏が質問。民主党は衆院で政府・与党の一体化を理由に代表質問を見送ったが、独自性を重視する参院では質問に立った。

 国会は同日午後、衆院予算委員会が開かれ、2009年度第2次補正予算案の審議に入る見通し。

クジラ肉お買い得 キタの百貨店(産経新聞)
聴取への対応「小沢氏の判断」=首相(時事通信)
日航「運航継続」を強調=外国報道陣と会見-前原国交相(時事通信)
小沢氏聴取 自民党本部では大島幹事長が「お好み焼き」挑戦(産経新聞)
日教組 きょうから教研集会 消えた「対決姿勢」 地方組織と温度差(産経新聞)

「小沢さん個人の問題」 民主参院議員ら無言通す(産経新聞)

 「政治とカネ」の問題に民主党が揺れる中、18日、通常国会の召集日を迎えた。政権交代後初めて予算を審議する国会で、与野党が激突。民主党の小沢一郎幹事長の側近3人が逮捕された事件に、会期後の参院選に臨む議員らは「小沢さん個人の問題」と話す一方で、無言を通す議員がほとんどだった。

 18日午前、国会内で開かれた民主党の参議院総会。開会前、小川敏夫氏=東京=は「いまはまだ小沢さん個人の問題。いい話ではないが決定的ではない」とした上で、「政府、与党が日本の困難な状況の活路を見いだすことが本筋だ。まずは補正予算と本予算を通すことが必要だ」と強調した。円より子氏=比例代表=は記者の問い掛けに「コメントできない」。蓮舫氏=東京=も沈黙したまま会場を後にした。

 総会では、自身も夏の選挙を控える輿石東参院議員会長が「7月には待ったなしにわたしたち自身の選挙がある」「民主党の真価が問われる。この難局に一糸乱れずに結束していこう」と訴えた。

再度「自白」のテープ再生=取り調べた元検事出廷へ-足利事件再審公判・宇都宮地裁(時事通信)
インド洋給油活動が終了=テロ特措法失効、8年で幕-海自撤収(時事通信)
日韓外相会談 日米韓連携強化などで協議(毎日新聞)
鳩山首相、党大会で自身の疑惑「終結した」(産経新聞)
<ヤミ専従問題>更迭された前秘書課長が復帰…農水省人事(毎日新聞)

回らぬ風車、控訴審判決は「つくば市の過失が大」早大の賠償を減額(産経新聞)

 茨城県つくば市が小中学校に設置した小型の風力発電機が計画通りに発電しなかったとして、同市が計画を策定した早稲田大と風車を製造した大阪市のメーカーに約3億円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が20日、東京高裁であった。小林克巳裁判長は「市側の過失が大きい」として、早大に約2億円の支払いを命じた1審東京地裁判決を変更、賠償額を約8960万円に減額した。つくば市側は上告の方針。

 争点は(1)早大側が同市との契約に従い適切な計画を策定したか(2)市側は風力発電事業が実現不可能と事前に認識していたか-など。

 小林裁判長は「提出したデータ通りの発電量が得られないことや、発電機の消費電力が発電量を上回ることを知りながら市に説明しなかった」などと1審に続き早大側の責任を認めた。

 一方で、市側が「発電量が小さく売電事業の見込みも厳しいとの情報を得ていた」と指摘。「環境省のモデル事業で交付金が得られることが判明すると、詳細な検討もせず事業に応募し、推進した」などと市のずさんな事業推進を批判した。その上で、1審では7対3だった早大と市の過失を3対7とし、市の過失割合が大きいと結論づけた。

 メーカーへの請求は1審同様退けた。

 判決によると、同市は平成17年、市内の小中学校19校に風車23基を設置したがほとんどの風車が回らず予定の約4分の1の発電量しか得られなかった。

【関連記事】
テュフズードジャパン 風力発電設備認証に参入
風力発電に“逆風”…周辺で頭痛・不眠が続発!?
ラムサール登録に風力発電が障害? 敦賀市
Jパワー、丸紅から北海道の風力発電所を買収
クジラを想像させるユニーク風力発電機

日韓外相会談 日米韓連携強化などで協議(毎日新聞)
矛盾と謎 不可解説明 政治資金めぐり 小沢氏強気どこまで…(産経新聞)
不合格なのに入学費用通知、あて名誤り送付(読売新聞)
いつも仲良し、ヒツジの「にっき」と「まっちゃ」 京都市動物園(産経新聞)
東西本願寺、並んで協力要請 親鸞750回遠忌法要で市長に(産経新聞)

「党大会に合わせた逮捕」小沢幹事長、検察と対決姿勢(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は16日午後の定期党大会であいさつし、元秘書の石川知裕容疑者(民主党衆院議員)らが逮捕されたことについて「意図してかどうか分からないが、わが党の大会の日に合わせたかのような逮捕が行われている。到底このようなやり方を容認できない。私は断固として、このような(検察の)やり方、あり方について、毅然として自らの信念を通し、そして、戦っていく決意でございます」と述べ、検察当局と全面対決する考えを示した。

 また、検察の捜査を「これがまかり通るなら、日本の民主主義は本当に暗澹(あんたん)たるものに将来はなってしまう、私はそのことを、私のこと云々(うんぬん)よりも非常に憂慮している」とも語った。

【関連記事】
小沢幹事長、党大会で検察批判「納得できない」 
首相、党大会で「幹事長は全力で職務遂行を」
鳩山首相、小沢幹事長の続投「菅副総理と一致」
小沢幹事長続投に「党の自殺行為」の批判も 
「小沢辞任」叫ぶ男が取り押さえられる 民主党大会の会場近く

カンザキハナナ 琵琶湖見渡し1万2000本(毎日新聞)
鳩山首相「みそぎと胸張るつもりない」(産経新聞)
沖縄で震度3(時事通信)
ゲーム喫茶強盗 60万円奪う(産経新聞)
<前原国交相>JR不採用問題「早く解決を」(毎日新聞)

<鳩山首相>「潔白信じる」小沢氏の続投了承(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は16日午後、公邸前で記者団に、同日午前に公邸で行った会談で小沢一郎幹事長から「法に反していることはない。従って、しっかり幹事長職をやり抜く」との発言があったことを明らかにした。その上で「私も小沢幹事長を信じています。どうぞ戦ってください、と申し上げている」と述べ、続投の意向を了承したことを示した。菅直人副総理兼財務相とも公邸で会談し「結束していこうと確認した」と述べた。「幹事長は身の潔白を信じているということだ。そのことを私も信じる」とも述べた。【田中成之】

【関連ニュース】
石川議員逮捕:小沢氏進退波及も…鳩山政権またもダメージ
普天間移設:5月までに解決確信…イノウエ氏、首相と会談
鳩山首相:「問題あっても国民が選んだ」
鳩山首相:アフガン支援で日独協力を確認 独副首相と会談
鳩山首相:台湾総統から親書 経済交流拡大を

ヤミ専従書類改ざん更迭、農水前秘書課長が復帰(読売新聞)
長崎・漁船遭難、海底の船を山田丸と確認(読売新聞)
大学入試ミス283件、私大が8割(読売新聞)
八ッ場ダム予定地、湯かけ祭りに沸く…群馬(読売新聞)
「民主党政権は30年続く」はずだったが…(産経新聞)

<石川議員逮捕>小沢氏進退波及も…鳩山政権またもダメージ(毎日新聞)

 民主党政権発足後初の党所属国会議員の逮捕で、鳩山由紀夫首相は18日の通常国会開会を目前に控え、政権発足後最大の危機に直面することとなった。石川知裕衆院議員(36)=北海道11区=は、予算編成などで政権運営の実権を握る小沢一郎幹事長の元秘書で、しかも小沢氏自身の資金管理団体を巡る逮捕とあって、小沢氏が幹事長職の進退について判断を迫られる事態も予想される。

 鳩山首相は15日夜、石川議員の逮捕について「大変驚いている。捜査の状況が分からないので、事態の推移を見守りたい」とのコメントを出した。報道各社の求めに応じ、秘書官を通じて発表した。

 鳩山政権の実権を握る小沢氏に対し、政府・民主党は批判を控えて「沈黙」を守り、首相は幹事長続投を支持してきた。それでも今夏に参院選を控えて内閣支持率の下落傾向が続くなか「説明責任を果たすことが大事だ」(前原誠司国土交通相)と説明を求める声が上がり、批判的な空気も広がりつつあった。石川議員の逮捕はそんな党内事情を直撃した。

 党内から小沢氏の幹事長辞任を求める声が高まるのは必至だが、検察との「全面対決路線」を貫いてきた小沢氏が辞任にすんなり応じる見通しはない。16日に開かれる民主党大会で、小沢氏がどう説明するか注目される。

 鳩山首相自身の偽装献金問題に対し、世論の風当たりが再び強まる可能性も強い。首相は15日朝には公邸前で記者団に「この問題も私自身の問題も(昨年8月の衆院)総選挙の前から出ていた。にもかかわらず民主党を国民の多くに選んでいただいた」と語っていたが、夕方には「選挙ですべてみそぎが終わったと胸を張るつもりはない。反省すべきところは反省しなければならない」と軌道修正した。

 鳩山政権は「政府は鳩山首相、党務は小沢幹事長」の役割分担で運営されてきた。石川議員逮捕で小沢氏の立場が弱まれば、政権運営の不安定化は避けられない。【上野央絵】

【関連ニュース】
鳩山首相:「問題あっても国民が選んだ」
陸山会土地取引:小沢氏側へ資金「ゼネコンが補てん約束」
岡田外相:イラン追加制裁同調へ 米仏を中心に論議強まる
陸山会土地購入:強制捜査に発展 世論読めず民主戦々恐々
谷垣総裁:「物言えば唇寒し」民主党を皮肉る

雑記帳 「聖地」で恋活パーティー 香川・宇多津町(毎日新聞)
<第二東京弁護士会>駅員暴行で有罪の弁護士を懲戒処分(毎日新聞)
「石川議員に頼まれ証拠隠した」 元秘書が自民勉強会で告白(産経新聞)
盗難車でパトカー2台に衝突=容疑で男逮捕、飲酒運転-警視庁(時事通信)
小沢氏、検察と断固闘う=続投を正式表明-民主党大会(時事通信)

平沼赳夫氏が新党結成へ(産経新聞)

 自民党離党組で無所属の平沼赳夫元経産相は17日、岡山市内のホテルで開いた後援会パーティーで、「今夏の参院選までに新しい保守勢力を結集して、自民党と共同して第3の流れをつくっていきたい」と述べ、新党を結成する方針を明らかにした。今夏の参院選に向け、候補者調整も進めているという。

 平沼氏は「民主党は衆院で多数となり、永住外国人の地方参政権付与などマニフェスト(政権公約)にないことをやろうとしている」と指摘。そのうえで、「参院選でも単独過半数を取れば、この国は全体主義になる恐れがある」との懸念を示した。

 終了後、記者団に、参院選について「10人以上は当選させなければならない」と述べた。

 平沼氏は現在、衆院議員3人らで平沼グループを結成している。

【関連記事】
【鳩山政権考】平沼氏の「保守結集」は…
参院選までに「新党」結成へ 平沼元経産相
「第三極を」平沼元経産相が自民復党を改めて否定
平沼氏、自民党復党に慎重な考え
亀井氏の「保守新党」呼びかけを拒否 平沼氏

「300日規定」損賠訴訟 原告の請求棄却 岡山地裁(産経新聞)
志位委員長続投へ=13日から党大会-共産(時事通信)
鳩山首相、内閣官房刷新「以心伝心の仲間増やしたい」(産経新聞)
<陸山会土地購入>強制捜査に発展 世論読めず、戦々恐々(毎日新聞)
「学校耐震化優先すべき」神戸市長、予算削減に苦言(産経新聞)
プロフィール

ミスターひろしいけだ

Author:ミスターひろしいけだ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。