スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普天間移設 鳩山首相が協力要請、徳田氏「無理」(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は28日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を巡り、東京都内で鹿児島県徳之島出身で同島を選挙区とした旧自由連合代表の徳田虎雄元衆院議員と約1時間会談した。首相は、政府が検討しているヘリコプター部隊の徳之島移設について、同島に影響力を持つ徳田氏に協力を要請したが、徳田氏は「(基地移設は)無理だ」と述べ、実現は困難との考えを示した。

【今さら聞けない 図説でおさらい】どうして普天間問題がこじれているのか

 会談には次男で自民党衆院議員の毅氏(鹿児島2区)も同席。毅氏はこの後、首相官邸で平野博文官房長官と面会する見通し。平野氏は28日午前の記者会見で、徳之島を自ら訪問する可能性について「島民の反対集会が起き、迷惑をかけたことを含め、どういう心情で反対されたかを聞かせてほしい」と述べ、改めて意欲を示した。【坂口裕彦、横田愛】

【関連ニュース】
【空からみた写真特集】移転先候補となった徳之島はどんな島か
【写真特集】現状の普天間基地はなぜ問題か 写真でみる
【首相の一問一答のことばを読む】普天間「覚悟を決めて臨んでる話」4月15日

新たに183人提訴=建設石綿被害訴訟-東京、横浜地裁(時事通信)
<臨時交付金>電線地中化などは1割 大半が従来型事業に(毎日新聞)
「中国人を送り込んだりできるんだぞ」女子大生を脅迫、容疑の男逮捕(産経新聞)
舛添氏離党の引き金「幹事長の答えがなかった」(産経新聞)
「実現できるのか」米大統領発言、首相が否定(読売新聞)
スポンサーサイト

<条例違反容疑>捕獲禁止の魚捕った男逮捕 滋賀(毎日新聞)

 愛知県警一宮署などは20日、滋賀県愛荘町沓掛、無職、中村正文容疑者(35)を、同県の「ふるさと滋賀の野生動植物との共生に関する条例」違反容疑で逮捕した。

 容疑は09年11月ごろ、同県彦根市長曽根町の芹川で、同条例で捕獲が禁止されている淡水魚のハリヨ28匹を捕まえたとしている。同署によると、中村容疑者は同時期に「ハリヨを100匹以上捕まえてインターネットで販売した」と容疑を認めているという。「捕獲が禁止されているハリヨがネットで売られている」と通報があり捜査していた。ハリヨはトゲウオ科の淡水魚で環境省レッドリスト絶滅危惧(きぐ)種1A類に指定されている。

【関連ニュース】
名古屋市版レッドリスト:「絶滅」に13種追加
鯨肉:ソウルで提供 日本の調査捕鯨もの密輸か…米大学
米国:禁止の鯨肉提供、米すし店を訴追 連邦検事局
質問なるほドリ:クロマグロはなぜワシントン条約の議題に…=回答・太田圭介
地球と暮らす:/102 ボルネオ保全トラストジャパン 熱帯林保護は恩返し

ハノイ貿易大 日本語の簿記講座開設へ 学長ら来日(毎日新聞)
<火災>放火か 東京・足立2人死傷(毎日新聞)
大阪市議の弁護士が「橋下新党」に参加へ(産経新聞)
議員の出席率10%程度―空席ばかりが目立つ民主・介護議連(医療介護CBニュース)
血友病患者、30年ぶり全国集会=薬害エイズ乗り越え-東京(時事通信)

「被爆桜」咲いた 滋賀・彦根の小学校、植樹の卒業生訪問(産経新聞)

【ふるさと便り】

 滋賀県彦根市蓮台寺町の市立若葉小学校で、平和学習の一環として昨年10月、敷地内に植えられた「被爆桜」の苗木が今春、初めて花を咲かせ、植樹した卒業生が訪れた。

 この桜は、広島市の私立安田女子中学校の生徒会が、原爆の悲惨さを伝えようと、被爆したソメイヨシノから接ぎ木して増やした苗木。昨年10月、若葉小の6年生83人が苗木を分けてもらい、卒業記念に植樹。合わせて後輩たちに向け原爆を耐え抜いたサクラの物語を紙芝居で発表した。

 卒業生は今月、彦根市立南中学校に入学し、うち4人が中学校の制服を着て若葉小を訪問した。

 卒業生の山本健吾くん(12)は「原爆の怖さを授業で学んだ。一度は黒こげになったサクラが花を咲かせるなんてすごい」と話していた。

【関連記事】
桜木町に桜を植樹 「名物の並木復活を」と画家の柴山さんら
「被爆桜」引き抜かれる 広島の平和記念公園
桜3千本8キロ続く並木達成 安藤忠雄氏「大阪府民の力」
京都の「河津桜」がほぼ満開
上海に桜2千本植樹 さくらの会と静岡県
外国人地方参政権問題に一石

<皇后さま>小野竹喬展を鑑賞(毎日新聞)
奈良公園“矢ジカ”殺し、三重の39歳男逮捕 別のシカも狙う?(産経新聞)
毎日新聞世論調査 内閣支持率33% 不支持は初の5割超(毎日新聞)
<火災>放火か 東京・足立2人死傷(毎日新聞)
ソニー、スカパー サッカーW杯を3Dで放送 6月19日から (産経新聞)

<枝野氏>「事業仕分け」の舞台裏記した著作を出版(毎日新聞)

 枝野幸男行政刷新担当相が昨年11月の「事業仕分け」の舞台裏を記した著作「『事業仕分け』の力」(集英社新書)を16日に出版する。枝野氏は政府の行政刷新会議による事業仕分けで、国会議員の「仕分け人」の統括役を務めた。著書では「こちらがお願いしていないのに、財務省は仕分け対象事業候補のリストを持ってきたり、仕分け人に『ご説明』に行こうとしたりした。私の仕事の大きな柱が、財務省主導にならないよう調整することだった」と財務省との綱引きを振り返っている。

【関連ニュース】
事業仕分け:川端文科相が枝野刷新相に苦言
事業仕分け:支持率低下で政権浮揚の頼みの綱に
事業仕分け:独法、57の研究系を整理統合 人件費削減へ
事業仕分け:第2弾候補は127事業、国費投入2.3兆円
天下り:資格試験委託の公益法人で9割超 仕分けの対象に

迢空賞に坂井修一氏(時事通信)
<女児重体>体にあざの3歳児が意識不明 虐待の可能性も(毎日新聞)
東京消防庁消防士を逮捕=夜行バスで強制わいせつ-栃木県警(時事通信)
菅氏「鳩山首相は4年続けるべき」(産経新聞)
救急救命士、気管チューブを食道に=秋田(時事通信)

「変わる意思なければサッサと辞める」幹事長代理就任で河野太郎氏(産経新聞)

 自民党幹事長代理に就任した河野太郎元法務副大臣は6日、党本部で記者会見し、「口を開けてひな壇で寝ているつもりはない。谷垣禎一総裁や執行部が変わる意思がないと分かったらサッサと辞める」と強気の姿勢を示した。

 河野氏は、これまで党3役の刷新などを求めていたことについて「外から発言するのでなく、執行部内で(党運営を)仕切った方が早い」と指摘。当面党所属議員の政治資金の透明化などに取り組む考えを示した。

【関連記事】
谷垣総裁、河野氏ら起用で批判かわせるか
自民がネクスト・ジャパン新設 中堅・若手を起用
自民選対本部に若手登用を表明 谷垣氏「ねじれ起こす」 執行部刷新の声も根強く
自民・伊吹氏、「谷垣降ろし」発言に自制求める
「審議拒否の責任取ってほしい」 自民執行部に河野太郎氏

地域主権3法案、審議入り(産経新聞)
首相訪米を正式発表 核安全保障サミット(産経新聞)
休校・学級閉鎖がゼロ=新型インフル流行後初-厚労省(時事通信)
日本医師会で花束が発火、床など焼ける(産経新聞)
<宇土市長選>元市職員の元松氏、現職ら破り初当選 熊本(毎日新聞)

やせ細る兵士 北朝鮮の現実 9日、都内で写真展(産経新聞)

 北朝鮮国内の日常を写した写真展が9日、東京都内で開かれる。いずれも北朝鮮内部の情報を発信する季刊誌「リムジンガン」(アジアプレス発行、石丸次郎編集人)の記者が撮影した。2008年夏以降、北朝鮮出身の記者がひそかにデジタルカメラで撮影したものの中から北の“いま”を象徴する35点が展示される。

 中国経済にのみ込まれ、中国製品があふれる市場を写したものがある一方で、北朝鮮社会で最も優遇されるはずの兵士が子供のようにやせ細り、盗んだトウモロコシを大事そうに抱える姿をとらえた作品も。「商品があるのに飢える人がいる」という世界に類をみない格差社会を生んだ現実を雄弁に物語っている。

 写真展に続き、日本で暮らす脱北者の男女が自らの体験を語るイベントも開かれる。北朝鮮帰国者との交流集会実行委員会主催。9日午後5時から東京都千代田区の明治大学駿河台キャンパスリバティタワーで。問い合わせは、アジアプレスTEL06・6373・2444。

伊調千春さん 故郷・青森の高校教諭に(毎日新聞)
車炎上、子供4人死亡=実家前に停車中-北海道(時事通信)
<大麻所持容疑>中3女子を逮捕、「同級生にもらう」 兵庫(毎日新聞)
闇サイト専従班「ネットハンター」警視庁に(読売新聞)
総務省、「SIMロック」解除へ=携帯4社と合意(時事通信)

EPA初、外国人看護師候補者3人が国試合格(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は3月26日、今年度の看護師国家試験の合格者を発表し、日本との経済連携協定(EPA)に基づいて来日中のインドネシア人とフィリピン人の計3人の看護師候補者が合格したことを明らかにした。EPAで来日した看護師候補者が合格したのは初めて。今回の合格者は全体で4万7340人で、合格率は89.5%。EPA関連では、両国で合わせて254人が受験していた。

 合格した外国人看護師候補者は、新潟県三条市にある三之町病院のインドネシア人の男女2人と、栃木県足利市にある足利赤十字病院のフィリピン人女性1人。

 厚労省などによると、インドネシア人の男女は2008年8月に来日した1期生で、半年間の語学研修を経て、昨年2月から三之町病院で働き始めた。
 同病院の担当者の話では、2人とも当初の日本語能力は「小学3、4年生レベル」だったため、初受験はあえなく不合格に終わった。その後、午前中は臨床現場で看護助手の仕事をこなし、午後は国家試験に向けた勉強を続け、今では「方言を含めて違和感なく日常会話ができる」ほどまでに上達した。昨年末に行われた模擬試験では、合格ラインにわずかに届かなかったが、2月の試験当日までのラストスパートで見事栄冠をつかんだ。
 同病院では、日本人看護師と同様の対応は難しいと考えているため、先輩看護師がマンツーマンで教育指導を行う通常の「プリセプター制度」だけでなく、日本語のサポートを含めた手厚い支援を行う。4月には、日本人看護師と一緒に新人研修を受ける予定だ。

■日本語検定2級取得、国試も一発合格

 一方、EPAに基づくフィリピン人の受け入れは今年度にスタート。合格した女性は昨年5月に来日し、10月に足利赤十字病院で仕事を始めたばかりだったが、言葉の壁を乗り越えて一発合格を果たした。同病院の小松本悟院長によると、女性は昨年12月に日本語検定2級を取得。同月の看護師国家試験の模擬試験でも合格ライン上だったという。
 女性は先週から、同病院の新人看護師研修に参加しており、今回の合格を聞いて「フィリピン人合格者の第1号なので、大変喜んでいる」(小松本院長)という。


【関連記事】
インドネシア人介護福祉士候補者受け入れ施設に実態調査
准看受験可など提言―EPA受け入れで四病協
外国人看護師候補者ら受け入れ施設、3分の1に減少
国試で読み仮名「考えていない」-EPA看護師候補者などで
外国人看護師候補者受け入れで実態調査へ―山井政務官

<貨物機炎上>事故から1年 成田で追悼行事(毎日新聞)
「違法拘束で採尿」覚せい剤事件の男性無罪(読売新聞)
<雑記帳>クラゲの水族館、来館者数がV字回復 山形・鶴岡(毎日新聞)
<東大>2983人が卒業 進む「脱官僚」 高まる外資人気(毎日新聞)
菅家さん無罪確定 冤罪の構造、暴けぬまま(産経新聞)
プロフィール

ミスターひろしいけだ

Author:ミスターひろしいけだ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。